BLOG

HANDS STYLE BLOG ハンズスタイルの色々

いろんな植物②

2020.09.07

こんにちは!
ジグソーパズルにどはまり中の宮﨑です。
(↑廣澤さんの文章の書き方にあこがれてます)

先日、植物シリーズ1回目を書かせていただいたのですが、
お客様に「見ました~」っというお声をいただいてルンルンな気持ちになってました♪

そんな感じで植物シリーズ2回目、
調べてきました!!
楽しいお仕事です。

今回は、「ベンジャミン」について…
この子は、細い枝に小さな葉っぱがたくさんついててとても可愛いのですが、
葉っぱがすごく落ちてくるので、とても心配してました。
なぜなのでしょうか…

~フィカス・ベンジャミナ~

学名はこんな名前らしいです。
ハンズの事務所にいるベンジャミンは、葉っぱに白い斑がある、
「スターライト」という種類です。

〈花言葉〉
友情、信頼、結婚、永遠の愛
幸福をもたらす木として有名だそうです。
風水では、葉が下向きに生えるので「陰」の植物であることからリラックス効果をもたらすとされてます。

〈置き場所〉
・寒さに弱い(最低気温10度以上必要)
・日なたかた半日陰の場所◎
・8号以上の枝葉が充実してきた株は、よく日光にあてると株が引き締まり、病害虫の予防になる。

〈季節管理〉
冬ー春:光線不足による落葉、葉・茎間の間伸びや葉ツヤの悪化が現れる。
    霧吹きと光が均等に当たるように鉢回しを行う。

春ー秋:外気温20度程度になると生育期。
    室内管理で弱ったベンジャミンは、この季節に剪定・切り戻しを施し十分に管理、
    手入れを行うことによって寒く暗い冬を乗り切れる。
    9月下旬まで外での管理を続け、この期間に2回程度剪定する。

   ※エアコンの温・冷風には当てないように注意する。
   (宮﨑:エアコンの風当てちゃってました…)

〈水やり〉
春ー秋:土の表面が乾いたら鉢底から染み出るぐらいたっぷりと与える。
    ※室内での管理では、受け皿に溜まった水は根腐れの原因になるので、必ず捨てる。

冬:生育を停止している時期は、乾かし気味に管理する。
  鉢の表面が乾いてから数日待って水やり。

またまた長々とすみません…
ハンズ事務所の、葉が落ち続けているベンジャミンは、
エアコンの風が当たらない日当たりの良い場所に移動させてみることにしました!

今週の内見会、楽しみですね~♪
それでは失礼いたします!

PREV
INDEX
NEXT