BLOG

HANDS STYLE BLOG ハンズスタイルの色々

スズ丁張祭

2021.09.30

ドリフのこのコントは何回観ても笑ってしまう喜劇王 志村健一です。

脱がされます。

もう落とされます笑

雑に洗われます。

また落とされます。

謎のサービス。

謎の攻撃。鈴がついています。

そしてなぜか落とされます。

全員からタオルでしばかれます。

立つこともできません。

ダメだこりゃ。

もっかい落とされます笑笑笑。

もう死にます笑

志村の「よし次本番!」笑

最高。伝説です。

鈴といえば、珠洲の現場が動き出しました。

#といえばじゃねーわ

着工前の準備として、「丁張」(ちょうはり)をしてきました。

基礎の周りに作る、基礎の位置と高さを落とし込んだ芸術的な柵です。

#スズ芸術祭
#スズ丁張祭

この基礎、どうやって作っているか、不思議じゃないですか?
どうやって水平にしとんねんと。

もちろん測量機械で水平にしてます。

「レベル」と言ったりします。
そのオートでできる「オートレベル」を使い、水平にします。

こいつです。

建物の周りに一人ぼっちで死ぬほど杭を打った後、この杭に水平ラインを移しこみます。

上の内部のところがくるくる回り、水平レーザーを出します。

そのレーザーを受け止めるやつ。

上下に上げ下げすると、レーザーのところで、「ピピー」言います。


これはまだ下ですね。
#志村後ろ!
#志村下!


これはチョイ上。
▲のマークに従います。
#志村上!


ココ!


杭にマーキングします。

一人ぼっちで死ぬほどマーキングした後、横板を打ち付けます。

ぐるっと囲んで、基礎の位置を移しこんで完成です。

移しこみはきちっと90度になるように、「トランシット」という機械を使いマス。
興味のある方はこちらのブログもどうぞ↓
「90度」

なにはともあれ、無事丁張が完成しました。

芸術祭やってんなー。
俺も。的なノリで端材をつかってひとつアートを。

Hが超簡単なので軽い気持ちで始めたところ、
Sの複雑さに心が折れそうでした。

死ぬほど汗をかいた40親父が芸術祭にいったら煙たがられそうだったので、
早々に退散し、太鼓の鳴っていない風呂で汗を流しましたとさ。

#とさ

PREV
INDEX
NEXT