BLOG

HANDS STYLE BLOG ハンズスタイルの色々

ダイニングテーブル

2021.10.21

移動時間が仕事時間を凌駕しつつある
タクシードライバー候補生 廣澤です。

#ニシエヒガシエ
#スズエコマツエ
#はよ来い自動運転
#もしくはどこでもドア

運転は割と好きで苦ではないので、
安全運転を心掛けて走りまくてます。

今回はダイニングテーブルについて。

コーディネートの中でもイメージを大きく左右するとも言える家具の一つが
ダイニングセットです。

サザエさんのような床に座って食べるスタイルはかなり少なく、
どんな形にしろテーブルとイスで食事というスタイルばかりです。

毎日使うものなので、デザインと使いやすさが大切ですが、
もちろんコストも悩ましいポイントです。

出来上がったものはインテリアショップに行けばたくさん見れるので、
ハンズの事務所はそういったものではなく、「手作りテーブル」がほとんどです。

天板は材木屋さんから購入か、ネットで購入。
脚もネットで購入か、大工さんで造作。
色々と組み合わせができます。
何よりいいのは、サイズも自由に作れ、この世に1つのテーブルとなるところです。

こんなのがおいてあります。


ウォルナットの巾ハギ天板+アイアン脚 15万くらい。
巾ハギとは完全な1枚板ではなく、10センチ程度の幅のものを合わせた板です。


タモの巾ハギ天板+アイアン脚 12万くらい。


ウォルナットの1枚無垢板+アイアン脚 価格はサイズや、節の有無によります。
材木屋さんに見に行って、気に入ったものを買うので、選ぶのがたのしいです。


チークの1枚無垢板+アイアン脚 価格はサイズや、節の有無によります。
チークやウォルナットは、高級木材になりますが、掘り出し物もチラホラあります。


モルテックス天板+手作り木製脚 15万くらい。
廣澤お手製の脚なので、おそらくすぐ壊れます笑。


オークの巾ハギ天板とアイアン脚のセット。
こちらは購入品になります。25万くらい。
やはりしっかりしてます。


レゴテーブル。
タモの積層天板を使い、大工さんに作ってもらいました。
売りに出すなら8万くらいかと。
積層とは、巾ハギより細かい、3センチ程度の木材を継ぎ合わせた、割と安価な板材です。
ホームセンターにも売ってますね。


こちらはゴリゴリ廣澤のDIYテーブル。
円形諦めヘキサゴンテーブルです。
ウッドデッキで使った木材の余りで作ってます。
隙間だらけで文字を書くと紙に穴が開く素敵テーブルです。
僕専用です。

オンリーワンテーブルも愛着が湧きますが、脚によっては少し揺れやすいものも。
事務所に来ていただければ、それぞれのテーブルの素材感と、使いやすさ、
テーブルの高さや価格などいろいろと見比べれるようになってます。

材木屋さんの展示会に一緒に見に行ったりもしているので、
楽しんで決めていければと思います!

材木屋さんは押水ですが、時間麻痺ドライバー廣澤がご案内いたしますよ!

#現地集合希望

PREV
INDEX
NEXT