BLOG

HANDS STYLE BLOG ハンズスタイルの色々

何プペルも

2021.11.17

某歌詞をブログに乗せたところ、
しっかりとJASRACにお灸をすえられた傾奇者 廣澤慶次です。

#まさかの
#JASDAC
#ごめんなさい
#歌詞のすごさを知ってほしかっただけなんす
#平謝り
#こうべ澤たれ一

こんなしょうもないブログにまで網がおよぶとは。
いい子はマネしないでね。

話は変わり、最近のビッグニュース!!!!
ハロウィンを迎え、それに合わせてプペルの再上映!
と、DVD発売!

待ってました!
これで見放題聞き放題!

たまたまプペル見ながら解説をしようととしていた僕が、
見入ってしまい、
偶然に録音されていたプペルのブルーノの口上音源がたまたま録れていた音源です。
あくまでメインは僕の嗚咽の音なので、どこで嗚咽しているか探しながら聴いて下さい。

最後の締めのセリフはDVDでお願いします。

えんとつ町は煙突だらけ。
そこかしこから煙が上がり、頭の上はモックモク。
黒い煙でモックモク。
朝から晩までモックモク。

えんとつ町に住む人は、黒い煙に閉じこめられて、青い空を知りやしない。
輝く星を知りやしない。

見上げることを捨てた町で、
一人の男が上を見た。

町を覆った黒い煙に、男が思いを馳せたのは、
酒場で出会ったお喋りモグラが、聞かせてくれた夢物語。

煙の向こうの世界の話。

光り輝く世界の話。

「ありやしない」と思ったが、
「まったく無い」とも言い切れない。
なぜなら、誰も行っていない。

答えは誰も持っていない。

それから男は日毎夜毎、
煙の向こうの世界の話を、
何度も何度も叫んだが、
馬鹿だ、馬鹿だ、と囃されて、
ホラ吹き者だ、と斬り捨てられた。

男が一体何をした?
男が誰を傷つけた?

そこに理由はありゃしない。

見上げることを捨てた町では、
「目立たぬように」の大合唱。
見上げることを捨てた町では、
夢を語れば笑われて、
行動すれば叩かれる。

黒い煙は町を飲み込み、一縷の光も許さない。
黒い煙は人を飲み込み、あらゆる勇気を認めない。

それでも男は声を上げ、
震える膝をひた隠し、
船に乗りこみ、海に出た。
暗くて恐い海に出た。
誰もいない海に出た。
誰もいない海に出た。

煙の向こうの世界の話。
光り輝く世界の話。

「ありやしない」と思ったが、
「まったく無い」とも言い切れない

なぜなら、誰も行っていない。
答えは誰も持っていない。

己の眼(まなこ)で見る前に、答えを出してなるものか。
煙に飲まれてなるものか。

気がつきゃ船底、穴ボコだらけ。
漕ぐ手を止めると沈んでしまう、浮くのがやっとのオンボロ船。

ずいぶん前から進んじゃいない。
ここで終わってなるものか。
ここで終わってなるものか。
ここで終わってなるものか。

男は勇気を振り絞り、積荷の紐を振りほどき、
「できない理由」を海に捨て、「言い訳・御託」を海に捨て、
ほんの僅かな食料と、たしかな覚悟だけを残し、
再び、波に立ち向かう。

男が向かうは、闇夜の向こうの、その向こう。
ただの一人で、ただひたすらに船を漕ぎ、
信じ、信じて、信じ抜き、
進んで進んで進んだ船は、
黒い煙を突き破り…

光の海に躍り出た。

なんと見事な景色だろ… 

先日内見会をさせていただいた東力の家には、なんとシアタールームが。

これはたまんないです。
体感しないと分からないですし、
体感してみてメチャクチャうらやましくなりました。
特別空間です。

シアタールームはまた後日、ブログを書こうと思います!

我が家にはシアタールームなどないので、この僕の嗚咽とブルーノの口上を
耳から取り入れて、今日も明日も頑張ります!

東力の家はあと1か月ほどお借りしているので、
見てみたい方、体感でけでもしてみたい方、
いつでも連絡くださいませ!
是非体感してほしい!

でもなー。会社のHPとかから申し込みだるいしなー。
という方は、僕のLINEを登録してもらい、
内見会を見てからブロック大歓迎です。
傾奇者なので笑。
同業者もウエルカムなので、気軽に連絡くださいませ!

#ノーマークLINEシステム
#傾奇者

PREV
INDEX
NEXT