BLOG

HANDS STYLE BLOG ハンズスタイルの色々

地盤改良

2021.03.24

あまりにウイスキーの減りが早いのを
「乾燥してるからなぁ」
と蒸発のせいにしている男 廣澤です

#フタは締めてある
#こぼれたら困るから
#炭酸水もすごい減る
#乾燥コワい

今日はコメント欄で依頼の多かった「地盤改良」について紹介しようと思います

#そんなのないよ

文字通り、地盤を改良して、補強する工事のことです
田んぼのように柔らかい土の上に家を建てると傾きますよね
そうならないように地面の何メートルも下まで調査して固い地盤層を調べ、その結果をもとに改良工事をすることです

硬い地面が深いところにあると、工事費も高くなりがちです
こんなイメージ

①1メートル程度下に固い地盤があった場合、「表層改良」をします

セメントのデカ袋を破いて、土と混ぜます

混ぜながら重機で締め固めていきます
この上に砕石なしで基礎をつくっていけるので、基礎屋さん大好物改良です

②2~5メートル下に固い地盤があった場合、「柱状改良」にすることが多いです

デカドリルで地面を掘りながらセメントを注入していきます
地面の中に極太電柱をつくっていく感じです

これを綺麗にならして完成です

③5メートル以上、もしくは柱状改良が不向きな場合、「Hパイル杭打ち工法」が多いです

H型に成形されたコンクリート杭を重機でグイグイ打ちこんでいきます
杭をジョイントすることで深くまで杭を打ち込めます。
掘削しないので、工期も短いですね

④変わった工法で、小口径鋼管杭というのもありました

複雑な地盤だった時に採用しましたね
鋼製の杭に、さらに羽根のようなものをつけた杭でした
こちらも重機で打ち込んでいきます。

⑤最近普及しているのが「砕石パイル工法」です。

比較的浅いところに固い地盤層がある場合、採用されます。
柱状改良の「砕石バージョン」です。

砕石なので、将来更地にして売却、なんてことになっても地面の中に固形の杭が残らないので
売却しやすいことがメリットですね

いろんな工法がまだまだあります
地盤調査会社の指示に従い工事をすれば、地盤保証が付けれます
万が一家が傾いても、数千万単位で修繕費が保証されます
改良は必要ないけど、ベタ基礎にしてね
という判定もあります

ちなみに、ハンズのここ最近3件の調査結果は、全て改良無し、ベタ基礎で!
という判定です(^^)/
契約時に100万程度予算取りしているので、お客様は予算が浮いてウキウキです(^^♪
#ラッキー会社

経験値からしっかりと予算取りしているので、予想より深い場合でもほぼオーバーしません。
#例外もあるでしょうが
#実績として

ちなみに「土」よりも「砂」のほうが重さに対し強く、
我が町砂の町内灘は、ほぼほぼ「改良無し」「ベタ基礎で行け」判定ばかりですのでおススメです
#例外もあるでしょうが
#実績として

将来は町長になりまーす
#やめとけ

現場からは以上でーす

PREV
INDEX
NEXT