BLOG

HANDS STYLE BLOG ハンズスタイルの色々

現場監督

2021.07.08

蕎麦とチキンは太らないと信じている男 廣澤です。

#そばの色よ
#自然があふれる色
#グレー
#黒寄りのグレー
#太りにくそうな色
#色マジック
#モンキーマジック
#空はまるで
#蕎麦はまるで
#蕎麦は太るで

自分の信じた道を突き進みます。

自分の信じた道を42年間突き進んだ結果、
今自分の考えるベストな家づくりが自由にできる環境になりました。

その基盤となったのが、現場監督の経験が大きかったように思います。
大学卒業後、某住宅会社で7年現場監督をし、
次の住宅会社でも現場監督を7年させていただきました。
2社目では設計も営業も積算もさせていただき、全体が見えるようになったのですが、
家づくりの経験の軸は現場監督でした。

コンパでは必ず
「現場監督ってなにするん?」
と聞かれました。100パー。
設計・営業は説明不要です。ずるい。

その名の通り、現場の総指揮をとるのが仕事です。
大工さんや、タイル屋さん、塗装屋さんは社員ではなく、協力業者さんです。
この数々の業者さんをいつ、いくらで、どんな仕事をするのかを調整し、
家を完成させるのが現場監督です。

大きく分けると4つに分類されます。

1.工程管理

その名の通り、スケジュール管理です。
北陸は雨が多いので、これが一番大変です。
これをしないと次の工程に行けないというのがあるので、一つの遅れが大変なことになったりもします。

2.品質管理

ただ工事が進めばいいというものではありません。
目に見えないところもきちっとなっているか、
これができるのは現場監督のみです。

3.予算管理

工期を守り、きちっとした家をつくっても、赤字では会社はつぶれてしまいます。
現場では予想外のことも起こりますが、
予算のことも考え、やりくりしていくのも現場監督の技量の一つです。

4.安全管理

工事に関わる人、全てが事故なく作業を終えられるようにすること。
あたり前のことですが、一番難しいことでもあります。
楽しい家づくりができるように、細心の注意をはらいます。

これ以外にも顧客管理、近隣管理、施工図作成、発注、段取、などなど
仕事はキリがありません。
目立たない仕事ではありますが、住宅の一番のキモになる仕事だと思います。

ハンズではほとんど浅加(超優秀!!)が現場管理をしていますが、僕もどうしても現場が離れられず、
年に何件か現場管理させてもらってます。
現場パトロールに行っても、どこの現場もスムーズで、いい監督にめぐまれたなあと思ってます。

コンパで「現場監督って何するん?」
と聞かれたら、このブログを教える流れでLINEを聞き出すといいですよ

#しちめんどくさい
#ググるだろ
#コンパは死語
#しらんけど

この10年で無くなる仕事はたくさんありそうですが、
現場監督は無くしようがないと思ってます。

以上、現場監督2からでした!

PREV
INDEX
NEXT