BLOG

HANDS STYLE BLOG ハンズスタイルの色々

自宅の記録11 壁天井の気密断熱

2021.02.12

「パパ、今度飛車と角行どっちが強いか戦わせてみるわ!」
とカブトムシ対クワガタみたいなことを言われた男廣澤です。

#豊かな発想
#その日を待ってる
#絶対見たい

さてさて、自宅の記録編。
床の気密断熱が終わり、その後の工事になります。
6~7年前の自宅の記録になりますので、今のハンズの仕様とは異なりますのでご了承を。

次は壁の気密断熱になります。
壁にはウールブレスを言う羊毛の断熱材を使いました。

この当時から壁の中の湿気対策には興味があったので、少しお高いですが使いました。
断熱材を入れる前に、壁につくスリーブといった換気扇用の筒や、吸気用の穴、壁の中に入る配線も断熱の前に仕込みます。

仕込み終わったら、断熱材を入れ、下がらないようにタッカー止めをし、気密シートを張っていきます。
当時使っていた気密シートが「ザバーン」という半透明のシートでした。

内部の様子が見えるので良かったのですが、現在は販売してないんです(´;ω;`)
ハンズでは同じ機能をもった「タイベックスマート」を使用しています。

作業としては単純作業で音も出ないので、仕事終わりと休みの日を利用して一人で仕上げました。
結構大変でしたが、手を動かすことで職人さんの気持ちがよくわかるようになります。

壁が終われば、天井の下地と気密の工事に移ります。
天井は気密シート+セルロースファイバー200ミリが標準仕様でした。
ここも照明器具などで気密シートに穴が開くのが嫌だったので、照明の取り方と、
照明で天井に穴が開くところは別断熱材(フェノバボード100ミリ)で空間を確保しました。

これもセルフ施工中の写真です。

勾配天井部は化粧梁にダクトレール照明とし、セルロース吹き込み部分は上に不織布、下に気密シートでサンドイッチし、
重みでセルロースが下がらないようにパンパンに吹き込んでもらいました。
セルロースファイバーが確実に高密度で200ミリ吹き込めるのと、ふわふわ舞い上がるのも防ぐため、ここも少し手間をかけました。

ここを解消するため、ハンズでは2重天井を採用しています。
これもブログに書いてますので参考に。

ハンズブログ「こだわり」

24時間換気は天井に設置。3種換気です。

そして天井セルロースファイバー吹き込みへ。

パンパンです。
そしていよいよ気密測定へ。
結果…

C=1.0!

当時は悪くない数値でした!
セルフでやったところも多いので、上出来かと。
今現在も十分あったかいです(^^♪

検査完了後天井板張りへ。
職業病か、いつも見慣れたクロス仕上げは避けたかったので、合板仕上げとしています。

少し木目が残る程度の白色にしました。
これも夜な夜な現場で塗装してました。塗装したものを張るので、
塗ってみて「あちゃ~(;’∀’)」「イメージと違った(-_-;)」
はないので安心です。
そもそも天井向いて塗るのも大変ですしね。
アク止め+水性塗料着色+自然塗料上塗り
の最低3回塗装で、ちょうどいい具合に仕上がりました。

天井がいい感じに仕上がりました。
テンション上がってたのを思い出します。
大工さんに協力してもらいながら、セルフで作った部分もあり、
思い入れが強い家になってます。
子供が4人もいる現状ではもう無理だなあと。
おもいっきり家づくり楽しまさせていただきました!!(^^)!

ようやく気温も上がってきて、天気の日も増えてきましたね。
お休みに久々に子供と公園はしごしてきました。

やっぱ外は気持ちいいですね。
体も動かさないと。
公園4ヶ所のはしごはしびれましたが。

次は外壁編でーす。

PREV
INDEX
NEXT