BLOG

HANDS STYLE BLOG ハンズスタイルの色々

90度

2021.06.15

娘が「おべんとうばこのうた」を見ているのを見て
なかなかの歌だなぁと膝が震えだした男 廣澤です。

#これっくらいの おべんとばこに
#おにぎり おにぎり ちょいとつめて
#きざみしょうがに ごましおふって ←ここから様子がおかしい
#にんじんさん ←ほう
#さくらんぼさん ←ここだけポップ
#しいたけさん ←渋い
#ごぼうさん ←激渋
#あなのあいた れんこんさん ←穴の開いてないのはないぞ+数字の流れをあきらめたな
#すじのとおった ふき ←締めがふき、やけくそ感
#まさかのふき
#すじのとおった
#ふーき
#おべんとうばこのうた
#ポップなメロディの歌い手は
#ラブラブなおじいちゃんかおばあちゃん

おもろすぎてまともに聴けません

今日は、皆さんがオリンピックの次に気になる
「建物ってどうやって90度を守って、真四角にしているの?」
について書いてみようと思います。

#聴かれたことない
#25年間
#一度も

週末の上棟の前に、この作業をしてきました。
基礎の上に90度のラインを移しこんで、そのラインに合わせて大工さんが土台を乗せていきます。

この90度を正確に出す機械が「トランシット」です。

測量に使うやつです。

基礎の角に印を付けて、その真上にトランシットを水平に設置します。

どちらか一方の角をにらみ、固定します。

固定したところで、ここを0度に設定します。
そのあと固定を緩め、首を回すと、画面に、〇度と表示が出ます。
これを90度にし、もう一方の角をにらみます。


このレンズを除くと

見えたー!
角ー!!
もう一方の角ー!!!

うちのトランシットはレーザー付きなんで、分かりやすいです。
このちっちゃい赤い点がレーザーです

これを印して、基礎の天端に墨を付けて行って、墨出しが完了となります。

#すじの通った墨

こうやって土台伏せが行われ、建物がミリ単位で90度になるとういうことです。
いくらプレカット機械で木材を正確に加工しても、この作業が正確じゃないと意味ないです。

こういう細かい作業の積み重ねが大切ですね。
何事も。

週末は上棟だー!!
お昼ご飯は写真の弁当で決まりだな。

#棟梁に怒られろ

PREV
INDEX
NEXT